ハートフルコンテスト

みんなの作品(エピソード)

投稿者 : たかパパ

「ママの作る料理で一番好きなの何?」と聞くと、4才の娘は「ウィンナー。あと目玉焼きも好き。」と答えます。どちらも焼くだけという、妻も認める得意料理ですが、やはり子供に言われると気になったようで、その日から、苦手だという料理をこれまで以上に頑張っている様子でした。旬の野菜を選んではそれに合った調味料や料理法を調べたり、初めてのおかずに挑戦したり。すべてはきっと、家族の美味しいというひと言のために。そして、妻の努力の結果なのか、最近では「ママの野菜スープ美味しいよ。肉じゃがも最高!」と褒められ、子供のように、はしゃいで喜ぶ妻。そんな家族ひとりひとりの表情や変化に私も幸せを感じ、小さな出来事の1つ1つが我が家の楽しい毎日を作っているんだなぁとしみじみ暖かい気持ちになります。

投稿者 : たかパパ

妻の誕生日を祝おうと、3才の娘を連れてサプライズのケーキをこっそり買いに行った日の事。妻の目をかいくぐり、冷蔵庫の奥にケーキを隠し、台所に立ちいらないよううまく話していたのですが…。
お風呂場で娘が妻に話しかけている声がしました。「冷蔵庫にケーキはないからね。ママの好きないちごもついてないよ。サプライズやからヒミツやとよ。」真剣な顔で話す純粋な娘が可愛く、同時に笑いが止まりませんでした。バレバレのサプライズになりましたが、妻もとても喜んでくれました。
妻の次の誕生日には更に、1才になった息子に加え、年明け出産予定の第3子もサプライズ作戦に加える予定です。
予測不能な子供たち。これからますます楽しくなりそうです。

投稿者 : dk

2015年の12月30日、妻のお腹に来てくれた我が子は、2か月程の滞在期間で空に帰ってしまいました。
悲しみと寂しさの中で迎えた2016年。ある日妻から妊娠したよ!との電話が。その数ヶ月後にわかった出産予定日を聞いて更にびっくり。予定日は12月30日。流産してからちょうど1年後だったのです。あー帰ってきてくれたのだなと思いました。結局は予定日を過ぎても出て来ず、2日遅れで無事誕生。
元日に生まれた我が子は、私達夫婦のお正月を何よりも幸せな日に変えてくれました。

投稿者 : 鍋将軍の嫁

私の主人は、体力勝負の仕事や家族のために毎日の筋トレを怠らない。
息子がそんな主人を見て「お父さんは、何のために体を鍛えると?」と聞くので、私が間に割って入って「お母さんのためだよ。」と冗談で言ってみた。すると主人が「ちがうが。」とお決まりのツッコミ。と、ここまでは想定内。ところがその後、「ま、7割くらいはそうだけどね。」とポツリ。意外に多かった。頼んでも好きだの愛してるだの言ってくれないのに、たまにそういうことをサラリと言う。
こっそり口元がゆるんでしまった結婚8年目のある日の出来事でした。

投稿者 : ハラペッコ

出会って10年以上たって大発見!!お互いにまったく価値観が違ったー(笑)ラブストーリーが好きな夫とサスペンスが好きな私。家でまったりが好きな夫と旅行が好きな私。洋楽が好きな夫と邦楽が好きな私。寒がりな夫と暑がりな私。声の小さい夫と声の大きな私。数えきれないくらい…あれもこれも正反対(笑)二人の息子達も正反対(笑)
色々ありますが…2倍…4倍楽しい!!結婚って色々あるけど本当に楽しい!!
夫の好きなラブストーリーみたいに私は運命なんて信じないけども、夫が運命の人だと言われればそうなんだろう。
さて、忘年会帰りの夫のためにラーメンでも作ろっかなぁーと。

投稿者 : ひよこ

2才になる息子は健康優良児そのもの。でも1つ気にかかるのは、言葉を話そうとしない事。
ある日、夫の祖母の家に遊びに行った時、「あなたの病気が影響してこの子は話さないんじゃない?」と心ない言葉を言われた。主治医からは「影響する事はない。」と言われていたので、「違うよ!」と言い返したが、悔しくて堪らなかった。その夜、言われた言葉が頭から離れずにいると、息子がぎゅ~っとハグ。その時の息子は、満面の笑みを咲かせていた。
幸せが目の前にある。私は幸せの中にいる。涙を堪えながら、私は息子の手に包まれた。

投稿者 : タント216

パパとママは16歳の時に出会って24歳の時に結婚しました。
それから欲しかった子供がなかなかできず、治療の道へ…。長い時間をかけてようやく授かった命は、まさかの双子。しかも一卵性の双子という奇跡。
実はここからが長い道のりでした。ひどいつわりと切迫早産を理由に、約6ヶ月の管理入院。約2ヶ月続いた24時間点滴と出産予定日前日の緊急帝王切開。色々な困難を乗り越えて生まれてきた2人の女の子はまさに宝物。
幸せな毎日を過ごせることを、妻と子供たちにただ感謝しています。

投稿者 : まゆみゆ

クリスマスの朝、サンタさんからのプレゼントに大興奮の当時8歳の息子。
ママにはサンタさんがこなかったことを知り、自分がサンタさんになろうと決意。それからプレゼント計画は始動する。指で編んだ一巻きマフラーにメッセージをつけて、ママの靴の空き箱にリボンを結んで、枕元に。
優しい気持ちと、可愛いプレゼントに私は、涙が出た。
育児は本当に大変だが、こんな素敵なプレゼントをもらって、ママは一生頑張っていけると、心から思ったよ。

投稿者 : えっちゃん

ばあ~ば一年生
私(ばあ~ば)は、息子を結婚10年目にして授かりました。そして、今秋延岡の空気と人柄が大好きな都会育ちのお嫁さんが延岡で出産し、ばあ~ば1年生となりました。
お嫁さんとお孫ちゃんは、思い出を沢山残して息子の待つ都会へもう直ぐ帰って行きます。
私(ばあ~ば)もお孫ちゃんと共に頑張ります。
きっと、ばあ~ば2年生になれるでしょう。

投稿者 : 鍋将軍の嫁

主人と私、地元も年齢も違う私たちは、当然出会うことなんかなかった。
大学入試。主人は大学を1年浪人することを選んだ。私は宮崎と県外の大学、どちらの推薦をもらうかで迷った末に宮崎を選んだ。そうして、私達は同じ年に別々の大学で大学生になった。
就職活動。主人も私も2つの就職先で内定をもらっていたが、2人とも今の仕事を選んだ。そうして、地元も年齢も違う別々の人生を歩んでいた私達は、同期として出会った。
どれか1つでも違う道を選択していたら出会うことのなかった最高の旦那様。運命ってすごいなと思う。

投稿者 : 鍋将軍の嫁

「今日はお父さんとお母さんの結婚記念日なんだよ。」と話すと、息子は自分の貯金箱からお金を取り出して、寒空の下、近所の自動販売機にジュースを買いに行った。気持ちだけでいいんだよと言っても、息子はどうしても贈りたかったらしい。思えば、私もよく両親のお祝い事には、貯金箱からお金を取り出して、花を買った。贈りたい子供の気持ちも、気持ちだけでいいという親の気持ちも、贈ってもらう物が普段の買い物で見かけるものと見た目は一緒でも、子供が贈ってくれると違って見えることも、今なら全部よくわかる。

投稿者 : 鍋将軍の嫁

ある日、突然息子からこんなことを聞かれた。
「お母さん、僕や弟が産まれて大変じゃなかった?」そうねぇ~本音を言っちゃえば、大変だったよ。夜は眠れないし、お風呂もゆっくり入れない。やっと食べれるご飯はいつも冷めてる。片付けた部屋はすぐ散らかるし、いつの間にか玄関の靴も片方なくなってる。年中無休のお母さんは毎日クタクタ。体が3つあったらいいなぁ…って何度思ったか。
でもね、そんな大変さもぜーんぶ君たちがくれる幸せなんだよ。産まれてきてくれてありがとう。
お母さんを君たちのお母さんにしてくれて、ありがとう。

投稿者 : 鍋将軍の嫁

7歳になる長男は、超がつく程のんびり屋。勉強はそこそこ、私に似て運動音痴・・・いや、はっきり言って私より鈍くさい。
そんな長男が夏休みの宿題で朝顔を持って帰ってきた。咲いた花の数だけカードに色を塗り、休み明けに種を持っていくのだ。
育て主に似たのか、咲いた花の数もとれた種の数ものんびりだった。それでも長男は満足そうだった。
9月に入ると、朝顔は大輪の花を沢山咲かせるようになり、その勢いは11月まで止まらなかった。12月に入った寒空の下でも頑張って花を咲かせようとしている。
この遅咲きの朝顔のように、いつか長男もゆっくり大きな花を咲かせてくれるはず。そう信じて、私は今日も長男と朝顔にたっぷりの愛情を注ぐ。

投稿者 : コアラのマーチ大好き

私には、3歳の息子と1歳の娘がいます。下の子が生まれてから、毎日毎日抱っこしながらの家事と育児。寝不足とホルモンバランスの乱れで、きつい日々を送っていました。上の兄も、トイレトレーニング中でおしっこをもらすことも多々あり、また下の子に意地悪をしたりおもちゃで叩いたりするので、私は怒ってばかりでした。夜になると、二人の寝顔をみて、(いっぱい怒ってごめんね)と涙することも多くありました。
そんなある日、下の子が転んで頭を壁で打った時がありました。慌てて冷やしに台所に行っていると、向こうからお兄ちゃんが大きな声を出しながらドンドンと壁をたたいてました。また激しい遊びをしてる!と怒るつもりで行くと、「このー!カンナを痛くしたなぁ!」と壁に向かって怒る息子が!息子の自発的な優しさに嬉しく、その日の疲れも飛んでしまいました!
5分後また泣かせていましたが、兄妹の成長を楽しみに、また子育てを頑張ろうとおもいます。

投稿者 : ママ6歳

「まーちゃん、きかんぼーだよ」と自慢気に話す4歳の娘。真面目タイプのお兄ちゃんと違い、いつも元気一杯!喜怒哀楽も激しく、私は正直悩むこともありました。
ある夜、「まだお兄ちゃんの宿題みないと」と思いながら、娘を寝かせつけようとすると、娘が「ママ、お兄ちゃんの勉強のとこ行っていいよ。まーちゃん、一人で寝ちょくから」と。主人も毎日帰りが遅く、私がバタバタしていたのを感じとってくれたのか、そう言って眠り始めました。娘の背中をトントンしながら、優しい気持ちにジーンとしました。

投稿者 : かんたくママ

食事中、なかなか野菜がすすまない4歳の娘に、普段から「野菜を食べると元気が出てキレイになって、とっても優しい子になれるんだよ。」と教えていた私。
ある時、些細な事で大声で娘を怒ってしまったことがありました。言い過ぎたなぁと後悔しながら、謝るつもりで娘のいる部屋を覗いてみると、娘がおままごとセットで料理を作りながら1歳の弟に何か話しかけている様子。こっそり近付いて聞いてみると…。
「よし、野菜炒めのできあがり。この野菜を食べさせればママはきっと優しい子になるはずだ。さっそく持っていってくるね。」と。思わず吹き出して、大笑いしました。それと同時に、日々の育児に必死で、ついつい怒ることが増えてしまった自分を反省。ごめんね、と伝えました。仲直りの雰囲気を感じたのか1歳の息子も手を叩いてニッコリ。
年明けには、第3子出産予定で、さらに賑やかになりますが、野菜も食べて、ママはもっともっと頑張るからね★

投稿者 : シド・ジェット気流

12月5日
ベッドで休む妻の顔を見ながら、今日の私の行動を思い返す。
病室に荷物を運び、ロビーで3時間文庫本を読むも全く頭に入らず、呼ばれたと思ったら妻の乗った救急車を追いかけるよう指示が飛び、着いた矢先に帝王切開の説明を足早にされ、大量の書類に自分のサインをしたためる。手術室から先に出てきた娘に『初めまして』の挨拶をし、それから1時間後に出てきた妻に『ありがとう』と感謝を伝える。思い返すと、男の自分は本当に無力な奴だと改めて思う。
妻の様態も安定してきたため実家に戻ると、3歳の娘が嫉妬心全開で私を出迎える。『パパ抱っこして!遊んで!一緒に寝よ!』
私の役割はこれから沢山ありそうだと嬉しく思う。

投稿者 : 緒方

娘はお母さんが大好き。
お母さんと遊んでいる時にお父さんが来ると、「あっち行って」と、つれない態度。だけど、そんな娘が珍しく、お父さんに「抱っこー」と言いました。お父さんは嬉しくて嬉しくて、「抱っこね~」と、喜んで抱っこしました。すると、「お母さんの所までお願いしまーす!」お父さんは「タクシー扱いされた‥」と言いながらも、お母さんの所へつれてきたけど、お母さんは、嬉しいやら気の毒やら可笑しいやらどんな表情作っていいのかわからなかったよ。もう少し、お父さんの相手してやってね。お父さんも美希ちゃんの事が大好きなのよ。

投稿者 : 花キチ

私と彼女との出会いは高校。同じ学科、出席番号が私の前。誰にでも優しい彼女と同じ時間を過ごしたくて、彼女が受ける試験を受け続けました。20歳の時に彼女がチャペルのモデルをすることになり、新郎役がいないということで私が受けることになりました。
片思いし続け13年。30歳で告白をし、クリスマスに天文台を貸切。プラネタリウムの大パノラマに高校時代からの二人の写真を撮しながらプロポーズしました。
その後、10年ぶりの結婚式をしました。今度はモデルではなく主役で。

投稿者 : のん

不妊治療を経て双子妊娠。リスクのある出産に、嬉しさより不安が募りました。悪阻(つわり)や切迫流産で5ヶ月入院して、辛い思いも沢山したけど、頑張って良かった!だって今、こんなに可愛い2人が側にいてくれるから。あなたたちを心から待っていたよ。自分の時間なんて無くなったけど、毎日充実した日々。いつもニコニコ笑顔で癒されます。
ハイハイやつかまり立ちが出来るようになって、これからの成長が益々楽しみです。
パパとママの元に産まれてくれてありがとう。大好きだよ。

投稿者 : よんみーママ

20歳の時にできちゃった婚で結婚して11年。いろいろあったけど子供5人を授かって毎日楽しく過ごしてます。
旦那さんは子煩悩で家事も率先してやってくれる、出来た旦那さんです。旦那さんに出会って、子供達に出会って、私の人生はとても充実してます♪毎日忙しいけど、騒がしいけど、とても幸せです。
幸せをありがとう♪これからもよろしくお願いいたします。

投稿者 : かんたくママ

第3子妊娠中の私。妊娠9ヶ月になるのですが、1歳になったばかりの息子は元気いっぱい。高速ハイハイとつかまり立ちで私に挑む息子を、大きなお腹で追いかけまわる毎日です。
そんな中、いつも何かと手伝いをしてくれるのが4歳の娘。
先日の土曜日、妊婦健診に行こうとすると、夫が休日出勤になってしまったため「健診は別の日に変更しよう」と話し合っていると、娘はこう言いました。「たっくん(1才の息子)は私がみとくから、パパはお仕事、ママは病院頑張っておいで。」その頼もしいおねぇちゃんぶりが嬉しく、とっても可愛かったです。
いつも弟の面倒とお手伝いをありがとう。そして、これからも頼りにしてるからね、もう一人の小さいママさん!

投稿者 : ぴの

私は奥さんに始めて出会った時から始めて会った気がしませんでした。奥さんもそう思ったそうです。
「付き合ってください」の告白もないまま、休みの合う日はいつもいっしょにいました。
1年ぐらいして周りから「結婚する気があるなら早くしたら?」と言われ、プロポーズしないまま結婚。
言葉にしなくても心がつながっていれば結婚まで行くもんですね。
奥さんには感謝してます。

投稿者 : 緒方

ほんと、子育てって悩みが尽きない。
産まれてすぐは、げっぷを出してあげられない事とかすぐ吐いたりする事とか、子育て全てに悩んだし、
半年頃は夜泣きや離乳食で悩んだし、
一歳頃は足の形の事で悩んだし、
一歳半頃はイヤイヤ期で悩んだし、
二歳頃は断乳で悩んだし、
二歳半頃は幼稚園探しで悩んだし、
三歳になった今ではトイレトレーニングですよ。
悩みは必ず解決しているし、今思えば悩み過ぎってわかるけどその時はたまらない。悩みすぎて円形脱毛ができた事もあった。
それでも、子供って良い!!子供産んで良かったって心から思える。可愛いし、面白いし、悪の無い発想と行動には癒される。すごい幸せパワーもらう。ありがとう。

投稿者 : E&A

先日、テレビで出産のシーンが映り、3才になる息子が仁王立ちで釘付けになっていました。
無事に赤ちゃんが生まれた瞬間、「ママー!」と大泣き。
怖かったのか感動したのか分かりませんが、私も出産した時を思い出してすごく愛おしく思い、あなたもこうやって産まれてきたんだよとギューッと抱きしめました。

投稿者 : E&A

12月で3歳になる息子の話です。
私たちの結婚式のDVDを初めて見た時、じーっと集中して見入っていました。当時息子は私のお腹の中(8ヶ月)にいました。
チャペルでの誓い・キスのシーンあたりになり、ふと息子を見るとポロポロと涙が!私と目があった瞬間号泣...!
言葉がまだ分からず、感動したのか、なぜ泣いたのか聞けませんでしたが、すごく不思議でした。
自分もママのお腹にいたよって思ったのかな?なんだか嬉しかったです。

投稿者 : GAHI

小5の長男が「ごめんなさい」と謝ったタイミングで、保育園通い2歳前の次男が「あんたいいわね、口だけお利口」と一言を放しました。我が子の口からのこんな高度な日本語を初耳した私は大受けして、忘れないようにずっと口ずさみました。
翌日『違う違う、「あんたいいわね」じゃなくて、「あんたがいいわね」だよ』と訂正が来ました。
その通りに言い直したのち、後日に再び訂正が来ました。『違う違う、「あんたがいいわね」じゃなくて、「あんたはいいわね」だった』
今でも息子達は根気よく私の日本語を訂正し続けています。感謝感謝!

投稿者 : 延岡大好きママ

私は関西出身で主人が延岡出身です。主人の仕事の関係で大阪に住んでいますが、2人目を授かりお産をする病院を悩んでいました。
色々考えて出した答えが、延岡での出産でした。気候もとても良くて毎日息子とのお散歩も、大きな橋を渡りながらとてもキレイな空気を、毎日体いっぱい吸える事が嬉しくて、無事に出産を迎える事が出来ました。
私は延岡の人達が大好きです。お産をした産婦人科の方達もみなさん本当に温かくて、とても親身に寄り添って下さったお陰で、安心してお産する事が出来ました。
全く違う土地や環境で育って来た私がこうして延岡で安心して過ごせたのは、延岡の人達の温かさがあったからです。
主人の両親にも本当に感謝しています。

投稿者 : 緒方

出産予定を2週間後に控えた友人に会いました。
大きくなったお腹を見て、私も娘がお腹の中にいた事を思い出したり、「夜中起きるから寝れないんでしょう?」と聞かれ、
あぁ、そうだ。ようやく最近一晩中寝れる様になったんだと思ったり、「げっぷを出さないと泣くんでしょう?」と聞かれ、
あぁ、げっぷを出してあげれなくて悩んだなと思い出したりしました。久しぶりに会ったので話が尽きません。
すると、その場にいた3歳の娘がじーっとこちらを見ています。どうしたのか尋ねると、「2人ともいつまで話してるの」と言われてしまいました。
話に入れず、私達の話が終わるのを待っていたらしいのです。立派に育ってくれて、お母さん嬉しい。

投稿者 : りくかん

今年一番の嬉しいこと。それは、息子の幼稚園内定が決まったこと。
我が家には発達障害がある息子がいます。歩くようになるのは厳しい。とdoctorに言われ、この子の可能性を信じて、リハビリを続けてきました。
3歳の時、歩くようになり、そろそろ幼稚園に入れてあげたくて、受け入れてくれる幼稚園を探しました。けど、障害がある!と言うことで、なかなか受け入れてくれず、2年がたちました。
来年は年長さん。小学校入学前に、集団生活に慣れてもらいたくて、頑張って探しました。
やっと先日、入園内定通知が届きました!息子の様子を真剣に聞いて頂いて、ほんとに嬉しかったです。

投稿者 : よっち

主人と、出会い、結婚して、12年がたちました。今は単身赴任で海外に行ってますが、次にいつに会えると思うと、ドキドキしたり、ソワソワしたり、出会った日の気持ちに戻ります。
近くにいると、いてあたり前、してくれてあたり前だったりしますが、離れると、相手の存在が大きいものがあります。
だから、別れる日は、いまだに泣きます。
明日は、会えないんだと思うと胸がはちきれそうになりますが、次に会える日を心待にしています。

投稿者 : あやいおた

今年の8月に3人目が生まれました。長男とは10歳はなれています。
正直迷いました。しかし、「私が生むと決めたら俺も頑張るから」と主人に言われ、泣きながら決めました。
長男次男も「協力してくる」と言って、買い物や洗濯を手伝ってくれ無事生まれました。
今でも赤ちゃんのお世話を手伝ってくれます。ありがとう。

投稿者 : えりママ

2人の子どもたちも親になり、この手に8人の宝物となる天使たちを抱かせてくれました。
この前久しぶりに孫たち全員が集まる機会があり、遠めに様子を見ていると小学生組、保育園組がすぐに打ち解けて家の中を駆け回っていました。全員集合するのは次はいつになるかわからないと写真を撮ろうとするのですが、まぁじっとして居ておらず大変でした。いつかこの子達も大人になり「一緒に遊んだねぇ」と懐かしく話してくれる日がくることでしよう。
娘よ 息子よ 共に見守ろうね!

投稿者 : よっち

3歳の娘が私と寝るときに、「ママ今日も、私と寝てくれる?」と、聞いてくるので、私は「どうしょうかなぁ~?」と言うと、
「私と寝ないと怖い怖いくるよ。どうする?」と言うので、「大変寝なきゃ!」と。
すかさず娘が、「うれるぅ~」と、笑顔。「うれるぅ~とはなに?」と聞くと、うれしいと、てれるをあわせ持った言葉みたいで、女子高生みたいだなぁ~と、感じながら寝ました。

投稿者 : よっち

子供の一歳の誕生日を祝えず、単身赴任になった主人。毎日、TV電話で話すものの、やはりこどもに、画面の人。
こどもも話すようになり、TV電話では「パパ」とまで言えるように成長。しかし、生の主人に会ったら不思議そうな顔して「先生!」と言ってました。私は主人に申し訳なく、TV電話をその場で「TV電話では、パパ!だけど、生では先生!」何度か繰り返していると、パパとわかるようになり、よかった。

投稿者 : 緒方

娘の3歳の誕生日。実家が、食事会とケーキを用意してくれるとの事だったので、私は、寝室の壁の飾り付けを少しだけしました。
娘が目を覚ました時、驚きと喜びを感じる様に、娘が寝ている間に音を立てない様そーっとそーっと準備をしました。そして、喜んでくれると良いなぁと願いながら眠りました。
翌朝、目を覚ました娘は、飾り付けられた壁をじーっと見て、「おいおい、いつの間に何してんだい?」と言いました。
いやいや、私の想像してた反応と違う。もう少し様子を見ようと、薄く目を開け娘の様子を伺っていました。
するとまた「おいおい、いつの間に何してんだい?」と言いました。
子供って思い通りにならないから楽しいのかも。

投稿者 : よっち

小学校の学年最後の参観日には、1年間の思い出参観日発表があります。そして、最後の最後に、こどもが親に手紙を書いて渡してくれます。
我が子は男なので、照れもあり日頃感謝の言葉は言わないでいます。でも、手紙には感謝の言葉が沢山ありますが、感謝の言葉より最後にうれしい言葉が。
「おかぁさん、大好き。」と書いてあるのが何よりもうれしいです。魔法の言葉です。
よかった、私は女で。この子のおかぁさんで、、、、、。

投稿者 : 501

離婚を考える事があり家庭裁判所へ。半年の話し合いを経て、共にまた歩み出すことを決めました。
第3者の意見を聞くことで、開ける道がそこに見つかることがあります。
一人で悩んでたことが、実は家族のために なんてことはよくあることで子供はお父さんもお母さんも大好き。そのことを再確認
この小さな灯りを頼りに、これからの道を共に歩んで行こうと。
そしていつか私も家族を照す灯りになりたい。そう思いました。

投稿者 : まみまま

数年前のある日、子どもが「習い事がしたい!」と言ってきました。
その習い事を続けられるか?とか、高額月謝の事を考え断念させよう!と思った時、ふと「自分が子どもの頃はどうだったか?」と考えました。
習い事すら続かず高い月謝を親に払ってもらい、ダラダラと過ごしていた子どもの頃…急に胸が熱くなり、両親は優しさと愛情一杯に何不自由なく育ててくれていたんだと、自分の不甲斐なさを痛感した時に感じた親への感謝。私は、「私の両親の様に子どもに愛情を注いでいるか?」「子どもの気持ちを受け入れているか?」 これから言葉や行動で、子どもや両親に愛を届けよう! 感謝を届けよう!そう思うようになりました。
お父さん、お母さん、愛情一杯に育ててくれてありがとう!そして!わたしの大切な二人の子供たち!愛してるぜ!!

投稿者 : きな粉まみれのカツオ。

私は故郷の青森を出て、結婚をして、今宮崎にいます。父を早くに亡くし、母が1人で私と弟2人を育ててくれました。家族で過ごす時間が少なく、親孝行する間もなく私は嫁いできてしまいました。
そんな中主人は、私の家族を青森から宮崎に招待し、初めての家族旅行をする機会をくれました。
主人は私の家族のことも大切にしてくれています。家族と過ごす時間がどれだけ温かいものか、主人が教えてくれました。こんな素敵な人と巡りあったのも母のおかげです。
次に母が宮崎に来るときは「孫の顔を見せてあげる」という夢もできました。

投稿者 : よっち

上の子が7歳の時に、下の子を出産。
出産までの10カ月は、想像を絶するもので、切迫早産になり、下の子を両親に預けて、涙を流しながら入院生活。
下の子の出産の日、陣痛の中、上の子がおかぁさんにと、四葉のクローバーもってきてくれました。私は、それを握りしめ出産。
産まれたら、すぐに上の子が、下の子をだき「やっと、ぼくはおにいちゃんになれた。」と。よろこびの顔は忘れられません。
四葉のクローバーは、下の子の親子手帳の中、、、。

投稿者 : りんりんりん

私は35年間一度も彼氏が出来たこともなく、合コンに行っても次に繋がることもなく、本当に結婚を諦めていました。
そんな中「自分から行動した事無いなぁ」と思い、宮崎の婚活サポートセンターに若干疑いながら登録しました。
何人かお見合いさせてもらった中の最期の方が今の旦那さんです。初めての彼氏が凄く嬉しくて色々張り切りました。
2回目のデートは高千穂峡…ものすごく早起きしてお弁当作って行きました。彼はこの時に早くも私と結婚しようと思ったそうです。 
3回目か4回目のデートで私の両親に会ってくれ、付き合って半年で結婚に至ってます。
優しい彼と出会えて良かったです。

投稿者 : ともぴー

私は2人目出産前の2カ月間入院しなくいけなくなりました。長男はまだ2歳半で不安ばかり。大丈夫か心配な中、入院してからは旦那が仕事が終わってから子供の身の回りを済ませ毎晩病院に面会に来てくれました。
出産後、旦那から「母親はこんなに大変なんだとわかった」と言われました。今まで大変さをわかって欲しくても伝えられずにいたけど2カ月間実際にやってみて大変だということがわかってくれたことが本当に嬉しくて仕方ありませんでした。
本当に大変な2カ月だったけど、みんなが成長出来た素晴らしい2カ月だったなぁと思えます。
旦那には本当感謝しかありません。

投稿者 : 39ママ

3人の男の子の、子育て真っ最中の我が家。それぞれ性格は違いますが、真面目な長男が先日、部活の先生にかけていただいた言葉。
大事な大会で結果が出せず落ち込んでいる様子を見た先生が、「俺はお前が誰よりも真摯に部活に取りくみ、誰よりも早く物事に気づき動く事を知っている。だから、今回の結果は気にするな」と。 
私の育て方は間違っていなかったかな、ととても温まるお言葉でした。
いつも誰かが見ていてくれると感謝し、大空に羽ばたいてほしい!頑張れ、息子よ。

投稿者 : 凛斗mama

今年の9月に私が突然の入院。
まだ1歳7ヶ月の小さな息子をばぁばにたくして、不安な毎日色々考えてる1日1日。
そんな息子わmamaの気持ちを考えてくれてるかのように、沢山笑わしてくれて泣かずにいてくれて自分が思ってたよりも我がこわ強く成長してました。
そんな我がこに色々教えてもらい涙が出そうになりました。

投稿者 : けろぱんだ

私の父は67歳。定年退職しているはずの年齢ですが、会社のご厚意でまだ仕事を続けています朝は早く夜も遅くまで働き、それは今も昔も変わらずで、仕事が趣味のような人です。
昔は『厳しい・古風な』というイメージだった父ですが、私の子ども、そう孫が生まれてからは、ごろっと変わりました子どもにしていなかったことを、孫には率先してするのです。
お絵描きはとても上手で、妹の絵が上手いのは父譲りということが判明しました他にも絵本の読み聞かせをしてくれたりして、私たち姉妹はもちろん、母も知らなかった父をたくさん見つけました。
ある日、育休中の私が働き者の父に対して「少しは休んだら、休みっぱなしの私が言うことじゃないけど…」と言うと「おまえんとは休みじゃねぇ」と言われました。
そのときに『育児は休む間もなく大変だから』と言ってくれたようで、涙が溢れました。私は環境に恵まれ、母や主人の家族といった周りの助けもあって、のびのびと育児を楽しめています。
厳しいけども優しい父。これからも長生きして、ひ孫を抱いて欲しいです。

投稿者 : ようこ

10年程前にまだ、メジャーではなかった婚活パーティーで夫と出会いました。
会場に入り、席に座ると目の前に夫が座っていました。 夫は、男性で一人だけスーツを着て参加していました。普段、着なれないスーツの夫は、年齢以上に老けて見えました。
夫は、パーティーに初めて参加したので、スーツで来るものだと思っていたようです。
いよいよパーティーが始まり、自分の目の前に座っている人から順に話していきます。私は、夫と一番最初に話すことになりました。 
夫は、開口一番、「あなた意外は、書かないのでよろしくお願いします!」と一生懸命に言って来ました。婚活パーティーのルールでは、何人か良いなと思った人を書けます。一番最初に真剣に来られた私は、用紙に何人かの一人として夫の名前を書きました。
そうして、出会い10ヵ月後に結婚しました。

投稿者 : いのっち

1歳3ヶ月の息子がいます。産まれてから今まで1時間も離れたことがありませんでした。
しかし、私に病が見つかり手術をしなくてはいけなくなりました。入院前日、息子は何か察したのかいつもは起きないのに夜中たくさん泣きました。私の不安が小さな彼に伝わったんだと思います。
入院・手術当日。初めて一時保育に預けました。私たち夫婦の心配をよそに息子は泣かずに保育園に入っていきました。
『僕も頑張るからママも頑張って』と言ってくれているようでした。
手術直前まで息子のことが心配でしたが、手術が終わり麻酔から目が覚めると祖父から、保育園帰りの満面の笑顔で写る息子の写真が送られてきました。息子は私たちが思っている以上に成長しており、大きなパワーをくれます。子供の笑顔は元気をくれます。ありがとう、ママのヒーロー☆

投稿者 : はるぱぱ

妻が幼稚園の保護者の集まりのため、夜出かけた日のことです。
私が子供達の面倒をみるはずでしたが前日から体調を崩し、その日も寝込んでいました。私は全く動くことができず、一年生の長女に、年中の息子と2歳の娘の面倒をお願いしました。
ご飯をたべさせたり、歯磨きさせたり。寂しさで泣き始める下の子達につられ涙を流す長女。必死になだめ、子守唄を歌う姿に目尻が熱くなりました。
父弱し。娘強し。娘の成長を目の当たりにした日でした。

投稿者 : ちびまり

たくさんの人にありがとうを伝えたくて、投稿します。
私は6ヶ月の娘をもつママです。子供を持って、初めて独り身じゃない不自由さを感じています。ゴミ捨てが、買い物が、段差が・・・ちょっとの事なのに、娘と一緒だとこんなに時間がかかって、不便な物なのかと。でもそれと同時に周りの人の優しさにも気がつきました。見知らぬ人が声をかけてくれたり、手を貸してくれたり。色々な人に助けられて、たくさんの不安や不自由が感謝になりました。
こんな素敵な所で子育て出来て幸せです。声をかけてくれた皆さん、手を貸してくれた皆さん、本当にありがとうございました。こんな経験をさせてくれている娘にも感謝です。

投稿者 : タンスにどんどん

結婚したらすぐ子どもは出来るものとばかり思っていました。
夫婦で病院受診すると、主人の精子が少ないとの事で不妊治療に。30前で結婚し、周りの友達は二人目など子どもがいる中、1日でも早く子どもが欲しいと思っていた私。保育園で勤め、子どもが大好きな私ですが、職場では仕事と割り切れていましたが一歩外に出ると、後から結婚した人が先に授か、り妊婦さんや子どもをまともに見れずに、目を反らす自分が嫌に。
治療を始め3年目。2人での生活も話し合い涙した日も多々ありましたが、ようやく我が家にもコウノトリが来て下さり、まもなく産休に入ります。

投稿者 : しろくろねこ

今年の4月に産まれました。
実家が遠くて里帰りしないまま、初めての子育ては不安でした。でも旦那や義実家に協力してもらって、母にも電話で相談しながら、頑張れました。
今ではこんなにステキな笑顔をみせるように。
みんなありがとう。

投稿者 : よんみーママ

結婚して11年。5人兄弟の長女、咲空(さくら)も11歳。
若干20歳の私達のもとへやってきてくれたのが咲空。子育てや結婚に不安がありつつも咲空がいてくれたから11年間頑張れた。11年の間に弟や妹が4人も出来、双子の妊娠で突然の私の入院、転校、引っ越しと本当にいろいろあったね。自分の事は後回しにしていつも下の子達の面倒をみてくれてる咲空に私は感謝しかありません。
最近、ぽつりと呟いた咲空の言葉に考えさせられました。お姉ちゃんやめよぉかな…と。その言葉にどんだけ咲空に頼り過ぎていたのか本当に考えさせられました。
子育ては簡単な事じゃない。簡単じゃないからこそ大事に宝物を守っていこうと思います。

投稿者 : 緒方

子育て中の悩みは、本当に尽きないですね。
数ヶ月前まではトイレトレーニングの事で悩んでいましたが、最近は専ら幼稚園選び。悩みすぎて、円形脱毛になりました。
その、幼稚園選びも明日が申込み受付日。前日である今日、ようやくどこにするか決めました。今までは2人の時間がずーっとあったので、毎日どこへ行こうか頭を悩ませていたけれど、これからは幼稚園、小学校、中学校、、、と、ずーっと一緒にいれるわけでは無くなってしまいました。想像しただけで寂しいです。
入園まであと半年。早く入園してほしい気持ちとまだまだ一緒にいたい気持ちとごちゃ混ぜですが、いつかは私の手を離れていってしまう娘が、この先もずーっと幸せであるように願います。
これからも娘の幸せの為なら、いくらでも悩みます。それが幸せ。

投稿者 : もうすぐ2児のママ

お仕事、お疲れ様です。あなたとお付き合いを初めてすぐに新しい命を授かりましたね。
シングルマザーの私は、素直に第二子の妊娠が心から嬉しくてたまりませんでした。そして、その一方であなたは血の繋がりのない 子供と、これから生まれてくる新しい命と、そしてこれからの生活や責任にたくさんの決意をしてくれたんだと思います。「血縁なんて関係ないよ」と、自分の子供のように我が子に接してくれる姿に、本当に感謝しています。
来年には家族4人になりますね。あなたと一緒に子育てを出来ることは本当に心強いです。いつも本当に有難う。

投稿者 : 走るの大好きくん

次男の話。
「ママのお腹の中にいた時は、ママが食べたものが頭に落ちて来て痛かった。お腹の中が、狭くなったからそろそろ外に出ようかなと思った。楽しそうな声が聞こえて来たから」と教えてくれました。
生まれて来てくれてありがとうと改めて思いました。

投稿者 : ままちゃん

私がいつものように家事でバタバタしていたある日。一歳になりたての娘が私を探し泣きだしました。先に娘に気付いた息子がタッタッと娘の前にしゃがみ込み
『よーしよーし。だいじょうぶっ!しょうまがいるからねっ』と優しく妹を撫でながら、あやす息子が見えました。(以前私が娘をあやす姿を見ていたのでしょう)それで一瞬泣き止んだ様にも見えましたが、またギャーギャーと大声で泣きはじめる妹に『あれ?』と困っている息子があまりにも健気で可愛く、洗濯物の手を止め『ありがとうー!お兄ちゃん!!』と息子と娘をぎゅーっと抱きしめる母なのでした。

投稿者 : あおいくんママ

2016年7月に誕生し、1歳がすぎ歩けるようになり、ごはんも手づかみで食べ、 外に行くと「あっあっ」と声を出し、何でも興味津々。
わんぱくで、目が離せないし、なかなか寝ないから、疲れる時もあるけれど、毎日毎日小さな成長をしていて、それがとても嬉しく時にはせつない気持ちになります。
ママになって、いろいろな気持ちが増えました。愛おしいなんて、正直わからなかった。素直に毎晩愛おしい気持ちになる。子育てなんてみんなしているし、わたしにもできると甘くみてたけど、はじめてのことだらけで、すっごい大変でしたー。笑
これからも色々とあると思うけど、家族仲良く、健康で会話のある家族でありたいとそう願っています。
わたしをママにしてくれてありがとう。

投稿者 : 三太郎

今年平成29(にくの)年は私にとって特別な年です。
私の誕生日はまさに「にくの日(2月9日)」なのですが、今年3男坊がやきにくの日(8月29日)に生まれました。妊娠中栄養つけるために、やきにくばかり食べてたからなのでしょうか。
ちなみに私のお母さんはいいにくのひ(11月29日)生まれです。

投稿者 : himari

赤ちゃんが産まれてくることを一生懸命理解しようとする息子。とは言ってもまだまだ子供。時々不安にもなるようで、「なんでお母さんは赤ちゃん産むの?」「僕は?」と涙をみせることも。
そんな息子には毎晩「生まれてきてくれてありがとう」と伝えハグをして寝ています。
そして産まれた妹。初めて妹をみて出てきた言葉は「うまれてきてくれてありがとう」でした。

投稿者 : coco

私の人生1番の「ありがとう」
「生まれてきてくれてありがとう!!」
最近はデートも断られる。息子は中学二年生。なにを話しかけても‥‥「うん。」「わかった。」何を言っても言葉数少ない‥‥そんな中「リンクコーデ撮影しよう!!折角のイイ機会だし!!いっぱい写真撮ろうよ!!」息子を千円で買収して撮影会開始!!!あーでもない、コーデもない 笑笑 ゴメンナサイ!座布団回収!!笑笑楽しい時間を作る事が出来ました!
息子を産んだ時の人生初めての‥‥震えるほどの感動★★★壮絶な痛み‥。号泣!!!!誰よりも愛しいと感じる人との出会い!!時間と共に薄れていく記憶‥。全部思い出しました。
後にも先にも私の人生の中でこれ以上の「ありがとう」はありません。「生まれてきてくれてありがとう」

投稿者 : たりらりらん

小学1年の娘は散歩が大好き。1日遊びに出掛けていても夕方になると「ママ今日お散歩行ける?お散歩に行きたい!」と誘ってきてくれます。
近くの堤防を、話しながら歩いたり、走ったり、お花を摘んだり…。夕日を背に移り行く季節の景色、風を感じながらの散歩は最高です。気がつけば、これまで自分の意志では全く続かなかったウォーキング。娘のお陰で定期的に運動が出来ている自分の姿が!
娘には心から感謝です。これからも楽しいお散歩に沢山誘ってね。

投稿者 : かんたくママ

半年ほど前4歳の娘が、保育園のお友だちから「だいすき」というお手紙をもらいました。その頃は、文字がうまく書けなかった娘。お手紙が嬉しかったようで「自分も書きたい!」と、文字の練習を始めました。
そして先日、折り紙の後ろに真剣に何かを書いている様子。何かと聞くとじいちゃんへの手紙だと教えてくれました。8月に大病が見つかり、10月に入って入院、手術をした私の父。手術の前日、じいちゃんのために、お手紙を書いていたのです。まだまだ慣れないガタガタの文字で「じいちゃんがんばってね」。その手紙を渡すと心から喜び、涙を浮かべた父。
8時間に及ぶ手術のあと、目覚めた父の第一声は「手紙のおかげだ、ありがとう」でした。
まだ4歳という幼い娘ですが、その行動は周りに元気を与え、幸せを運ぶ大きなパワーをもっている、という事に改めて気付かされました。

投稿者 : egg

2歳になった娘は最近分け合うということを覚え「はい、ママ。みかん はんぶんこね?」「パパ。せんべ はんぶんこして食べよね?」と言ってくれます。
来年の夏はおねえさんになる娘。2歳直前に卒乳したのですが、最近は私のお腹にむかって「赤ちゃん。おっぱい はんぶんこね?」と話しかけている娘を見て、思わず笑ってしまいました。

投稿者 : ミャーックス

主人と結婚する前、私の親からは結婚を反対されていて認めてもらえず、半ば強行突破で結婚した私たち。それから親とはお互い気まずくなり、会う機会も減ってきました。
あれから四年…私の親の病気が悪化して介護が必要になった時、主人は親のことを本当に献身的に支え続けてくれ、ストレスも沢山あったと思いますが、もちろん私にも優しく接し続けてくれました。
それを見た親が「結婚して本当に良かったね。幸せになって良かった」と…。
悲しいことに親は亡くなりましたが、主人の純粋さが伝わったことは嬉しかったし、この人と結婚して本当に良かった。と、いつも当たり前のように側にいてくれる主人に、改めて感謝の気持ちが強まった出来事でした。

投稿者 : 木はいいなぁ…

結婚して8年。出会って、15年。
子供を四人も産んでくれた嫁。子供と一緒に笑って、泣いて、怒って、、。
体も子供と一緒にすくすく成長して、昔の可愛さはないけど、優しさでおっきくなった今の姿が可愛いよ!
面と向かっては言えないけど、いつもありがとう。

投稿者 : おにママ

息子の1歳の誕生日。両家の両親を招待し、誕生日パーティを計画。
初めての誕生日だから盛大に!数日前から料理や飾り付けを準備。そんな時に限ってグズグズ機嫌が悪く甘えてくる息子‥。
ちょっと待ってね!と何度も冷たくあしらい黙々と作業してました。
そしてその夜、息子が夢に出てきて『ママそんなことしなくていいからもっとぼくとあそんでよ!』泣きながら訴えてきました。
息子のためにしてたはずなのに息子のことが全然見えてなかったこと、私が見てたのは両親への見栄や流行りのインスタ栄えで無理してたことに気づきました。
ごめんね、寂しかったよね!また明日からたくさん遊ぼうね!
大切なこと教えてくれてありがとう。大好きだよ!

投稿者 : 凛斗mama

運動会前にママの突然入院。実家のばぁばじぃじと仲良く過ごすこと二週間。泣かずに頑張ってくれています。
病院にくるたびに、本当はまだ甘えたいはずなのに、常に笑顔で泣かずに「ままー」って言って。点滴でさされているところを「ママ痛いよ・・」って言ったら、小さな手でよしよししてくれる。
そんな小さな体でいっぱい笑ってくれて、自分がしっかりしないといけないのに、我が子に支えられています。
まだ1歳半なのに・・。すごくうれしくて、涙が出てきました。

投稿者 : にゃんちゅう

ある日長女が「ママのお腹に赤ちゃんがいるよ。男の子かな?」と言いました。
けど「そんなことないよ。」と流していましたが、保育園に行った時に先生が「最近泣くことが増えたんですよね。お母さん、赤ちゃんとかいるんじゃないですか?(笑)情緒不安定になる時って、赤ちゃんが出来て怖い。ママが取られるって思うこともあるんですよ」と。
検査してみると赤ちゃんが。そしてまさかの男の子との事。
子供って不思議な力があるんだなとずっと思っています。

投稿者 : ちょび

今年4月に四人目を出産しました。我が娘は、とてもとてもかわいいです。
四人目を妊娠した時、想定外だった為、仕事・育児・出産(3回目の帝王切開)・毎回切迫早産になる辛さを考えた時、気持ちに迷いがありました。
でも、主人の「僕は産むことはできないけど、産んだら一緒にまた子育てしよう!」という言葉と自分のかわいい子供がまた増えると前向きになれ、出産しました。
今、ほんとに迷ったことを後悔するほど、産んだ娘がかわいいです。
私を選んでくれてありがとう。お母さん、頑張るからね。

投稿者 : こっちゃんまま

オギャーと力強い声を聞けた時「はぁ。やっと逢えた。」と今まで経験した事のない感動と喜びに出会う事が出来ました。
私に授かった最初の命は悲しい事にお空に帰ってしまい、辛い毎日と葛藤していた時、ようやく授かり、出産する事が出来た二つ目の命でした。
長い様で短い十月十日の日々。私のお腹の中で成長してくれてありがとう。そして2月18日、私たち夫婦をパパとママにしてくれてありがとう。 
息子ができてガラッと変わった生活。ただ歩いてるだけでも幸せで楽しくて、当たり前の事に心から感謝出来るようになりました。

投稿者 : バナナ母

子供の頃、母が初詣で家族全員の健康をお願いしたと聞き、子ども心に「どうしてお金持ちになりたい!とかにしないの?そんなの願うことじゃないでしょ?」と思っていました。
しかしながら昨年、思いがけず長男に病気が見つかり、私も休職して入院・手術・リハビリと付き添う中で「家族みんなで、家でご飯が食べたいなぁ。」と何度も思いました。
子どもが学校に行き、主人も私も仕事に行く。「忙しい」「疲れた」と感じる日常がどれほどありがたいことか。母の願いの意味が、この時やっと分かりました。
手術から間もなく1年。手術前と変わらない姿で、学校へ通う長男の姿を見送り、仕事へ出かける。
この日常に感謝し、私も家族全員の健康を願う今日この頃です。

投稿者 : 金丸さん家

だんなさまへ。
あなたに出逢えたから、子供を授かる大変さ、 夫婦の大変さ、 子育ての大変さを知りました。
それ以上に 幸せも知りました。
あなたが真剣に不妊治療する私に寄り添い、何度も病院に付き添ってくれたよね。
初めての出産。子供が小さくて帝王切開の手術になった時も、一緒に絶食してくれたり 手術の痛みに辛い時、夜中に何度も側に来て 手を握ってくれたよね。
娘が産まれた時は 、嬉しくて2人で泣きました。夫婦の意見の違いで沢山喧嘩もしました。
結婚して6年たち、これからも沢山の幸せを分かち合いたいです。

投稿者 : 木はいいなぁ

春に小学生になった長女。毎回、「絶対、出産は立ち会う!」といつも出産の時に私にエールを送ってくれます! 
4番目の妹が入学式前日に産まれた為、長女の入学式には出席出来なかったので、「ごめんねー。」と言えば、「お母さん!入学式の時にさ、赤ちゃん産まれるし~!ってならなくてよかったがね!4人目だから間に合わないよ~!」と貫禄ある言葉を頂き、後産も乗り越えられました。小さな彼女からたくさんパワーを貰ってます。
いつもありがとう。大好きだよ。

投稿者 : あんぱんまん

私には1歳半になる息子がいます。
今年の4月から保育園に通いだした息子。保育園でいろいろなことを覚えてきて、毎日のちょっとした成長が本当に愛おしいです。もちろん、いろんな言葉も覚え、おしゃべり坊や!
最近の日課は、保育園に送り出すときに、「ぎゅ~~して?」というと「ぎゅ~~♡」と抱きしめてくれ、「好き好きは~~?」というと「シュキ、シュキ♡」と言ってくれ、最後に息子と私で手と手を「タッチ!!」。この3つをしてから保育園に送りだすのが日課になっています。
「今日も1日お仕事頑張ろう」と思える、そして「今日もできるだけ早く迎えに行ってあげたいな」と思える瞬間です!

投稿者 : hina

娘は予定日より19日も早い誕生だった。里帰りをしてわずか10日、あっという間に出産の時を迎えた。
夫は急いで帰ってきてくれたが、実母、義母はどうしても来れなかった。陣痛室に入った頃、近くにいてくれたのは夫、実父、義父、弟の男4人。とても心細かった(笑)。とは言え、お産は順調に進み、無事に誕生。「もうすぐ産まれるよ~」と言われた頃、嬉しさもあったが、一旦帰宅していた親は間に合わないな…と頭をよぎった。だが、夫がいつの間にかみんなに連絡をしてくれていた。さらには心配してくれていた 親友にもちゃんと連絡を入れてくれていた。正直なところ、母が来たら夫と立会いを変わってもらおうと思っていた。夫が頼りになるか心配だったが、最後まで一緒に頑張ってくれた。その後かけつけてくれた両親たち。朝以来、会えていなかった母を見たら、落ち着いていた涙がまた溢れてきた。ようやくホッとした気持ちになり、産まれたばかりの娘を見たら、いつかこの子も母になるのかな…と早くも考えてしまった。
母親の存在の大きさを早速感じた瞬間だった。

投稿者 : 緒方

先日、旦那が「今日は1日、娘の世話する」と言い出したので、これ幸いとお願いしました。
しかし、私は娘と毎日一緒にいるので、急にいなくなると何をしていいのかわからず、旦那に娘の様子を伺うメールを何度も送ったり、家の近くをウロウロするだけでした。
1人だと買い物もスムーズだし、アニメじゃないテレビを好きなだけ見る事もできるし、栄養の偏りなんて気にせず好きな物を食べられるけど、そんな事よりやっぱり、娘との時間が大好きだと痛感しました。
1人の時間に買った物は、娘の喜びそうな物ばかりでした。

投稿者 : くまモンライダー

小学生の娘は、私たち夫婦の結婚式の写真を見るのが大好き。
小さい頃は「なんで、私は写真に写ってないの?」なんて、かわいい質問をしていました。
しかし、先日写真を見ていた娘の口から、「お父さん、わたしが結婚したらうれしい?」とドキッとする質問が。
「うれしいよ」と答えながらも、内心は…
お父さんからのお願いです。
もう少し、お父さんとお母さんの側にいてね。
そして、結婚の質問は控えめに。
だって、お父さん、自分の想像で涙目になってしまうから。

投稿者 : 鼻からぼた餅

3人きょうだいの長女、5歳末っ子!兄二人に揉まれ揉まれ、たくましく成長!
ある日、仕事に出かける私に、2階から「パパ!」
見上げると長女がベランダから体をのりだし、「危ないよ!!」と私。「はぁ~い」と長女。
その後の言葉……「気を付けて行きないよ」「はよ帰ってきてね!」
ニヤニヤしながら、車へ……
長女よ。誰に似たとかねぇ~?

投稿者 : 凛斗mama

ある朝、1歳5ヶ月の息子が私の肩をたたき、お尻をさわりながら「うんち」「うん」「ち」と言ってきたので「うんちしたの?」って聞くと恥ずかしそうにしていて、見てみるとうんちをしていて、初めて教えてくれました☆色々な事を保育園で覚えてきて、改めて息子の成長を嬉しく思いました。今じゃ恥ずかしながら「うんち」って教えてくれて助かってます☆
自分自身で何でもやろうとする精神に、親ながら感心させられています。

投稿者 : アンパンマン

上のが4歳。下二人は双子で2歳の三人のママです。
もうすぐ、旦那が単身赴任で三年目になります。大事な時期なのに近くにいない寂しさが続いてます。
正直、私はあまり育児が得意ではありません。ママ友や職場の人達には、楽しそうに育児してるねってよく言われます。
でも、やっぱり夫婦で育児って乗り越えていくもんだから、辛いときもしばしあり、たまに旦那にあたってしまうときもあります。本当は寂しいはずなのに。
パパに「仕事頑張ってるからしょうがないね…」ってよくいって電話で話します。上の子はたまに「パパがいい」って言いますが、「本当はママが大好きだからね」っていってくれて、気をつかってくれる子です。
そんな、優しい子達ですが、三人になると、うるさく、下の二人とオモチャの車に乗って乗り回したり、すごくおてんばです。この子達の笑顔をみるたびに頑張ろう思えます。
そして、この世から虐待がなくなればいいなって思います…(。>д<)

投稿者 : 緒方

私が入院中、娘は実家でお留守番でした。初めて長時間私と離れ、初めて私以外の人と寝る事になり、不安や緊張が多くあったと思います。
しかし、泣きながらも懸命に頑張っていたようです。
朝早くから長時間、妹が私の見舞いをしてくれていて、その事を実母が娘に、「姉妹はありがたいねぇ」と言ったら、娘が、「カヨちゃん(妹)の写真あるよ。」と言い、写真に向かって、手を合わせて「ありがとう」と言ったそうです。一段と成長を感じました。

投稿者 : はあとちゃんのママ

結婚して4年目で、ようやく赤ちゃんを授かりました。
すぐに主人の両親に報告すると、義母は涙を流しながら「良かった、良かった」と言って何度も言ってくれました。
しかし、喜びもつかの間。赤ちゃんが流産しかかったために、緊急入院。何日たっても退院できず、病室で一人不安な日々を過ごしていました。
そんな時、義父から「おなかの子供と共に、ゆっくり過ごしてね」と手紙が入って届きました。
封筒には、手紙と共に義父が作った完成したばかりの干し柿が一個入っていました。真っ白に粉を拭いていた干し柿は、涙で粉が落ちてしまいました。
そんな優しくて愛情深い義父母のおかげで、お腹の赤ちゃんは私のお腹にしっかりとどまってくれ、3400gで元気に誕生してきました。
義父さん、義母さんありがとうございました。

投稿者 : うささ

「一緒に居られるだけで私は幸せ。」
大学を卒業して入った会社を半年足らずで辞めてから、いろいろなことがうまくいかなくて自暴自棄になっていた私。こんな情けなくてみっともない男をどう思うかと聞いた時に、その当時はまだ彼女だった妻から返ってきた言葉。「あなたと一緒に居られるだけで私は幸せよ。あなたが今どん底なら、隣にいて支えたいと思うだけ。」その時の優しくて力強い妻の一言が、どれほど私に勇気をくれただろうか。この人を幸せにしたい。
その気持ちだけで、今日も私は夫として父として仕事を頑張れる。

投稿者 : ちーちゃんママ

「こんな可愛い子を産んでくれてありがとう」
普段、気持ちを言葉に表すことが少ない父と夫が、産後の私に掛けた言葉でした。
二度の流産を経験し、待ち望んでいた新しい命。共に悲しみ、共に喜ぶ…「家族っていいなぁ」と、改めて感じた瞬間でした。
小さい体で命の尊さ、家族の絆など大切なことを教えてくれる息子。私たち家族は息子の笑顔、成長に毎日幸せをもらっています。
大変なことも多い子育てですが、これからもずっと家族みんなで幸せや感謝の想いを感じながら、大切に育てていきます。
私たち家族を選んで産まれてきてくれて、本当にありがとう。

投稿者 : わんわん

『ママ・・マーマ・・ママー会えたね』
次女出産後の入院中。初めて長女と1週間も離ればなれになり、面会に来てくれた時の事。
『家ではママという言葉も出ず、おりこうさんだよ』と主人。
座ってる私を下からのぞきこみ、ニコニコしながら何度も何度も私を呼ぶ娘。寂しさを我慢してるのを直に感じ、ギュッと娘を抱きしめ『もうすぐ帰るからね』と言い二人で笑い合った瞬間、家族の暖かさ、幸せな気持ちを凄く感じ、思わず涙がこぼれました。

投稿者 : ユッティ

私の風邪が治ったとき、息子が「ママ、元気になってよかったね。」と言ってくれました。
冬には私の手を自分のほっぺにあてて、「ママの手、冷たいね。温めてあげる。」と自分の太ももに挟んで温めてくれました。
また「ママ、大好き。」と言ってくれて、「なんで?」と聞くと、「お料理作ってくれるから。」と答えてくれました。
母の日には、「お料理作ってくれてありがとう。」「洗濯してくれてありがとう。」「病院に連れて行ってくれてありがとう。」「お仕事してくれてありがとう。」と、たくさんのありがとうを言ってくれました。
息子ももうすぐ6歳になります。これからも、自分の気持ちを表現できる優しい子でいてね。

投稿者 : ヤノアズサ

1歳半になった我が子。たくさん色々な言葉を覚え、やんちゃぼーずな男の子。ばあばとじぃじとおった時に、なにげなく「りんちゃん。ねー、このひとだれ?」と聞くと、ばあばにむかって「ままー」って言って。
「じゃあ、このひとだれー?」って聞くと、今度はママに向かって「ばあば」って言って、今度は、じぃじの方を向いて「ばあばー」と言って。
家族みんなで大爆笑!ほっこりした日でした(^-^)子供の成長は、すごいなと感じた日でした(^-^)

投稿者 : ザッキー

私たち夫婦には1歳1ヶ月になる長男が居ます。最近、言葉を覚え始めました。
主人の母は亡くなっており一度も息子に逢ったことがありません。しかし、実家に行くと息子は祖母の遺影を見て「ばっちゃんばっちゃん」と声をかけ会話をしているように頷きながらお話をしています。きっと息子には、亡くなった優しい優しい祖母が見えているんだと思います。
そんな姿を見て微笑む義父と主人を見てると「この子を逢わせてあげたかった」という思いと共に、「この子はきっと、私たちの知らない所で祖母と逢ってお話してるんだろうなぁ。」と思います。

投稿者 : ザッキー

1歳1ヶ月になる息子。息子はとても元気いっぱいで遊ぶときも全力、食べるときも変顔で私たちを笑わせて、元気をくれるのです。
先日、息子のお友達が遊びに来たときの事です。おやつの時間にしようとした時、息子の大好きなクッキーを1枚渡し、お友達にも1枚渡そうとしたら、息子は私から受け取ったクッキーを自分では食べず、3ヶ月年下のお友達の所までヨチヨチ歩きながら持っていきました。そして、その子の口に入れてあげたのです★その後、再び戻ってきて1枚貰うと自分で食べました。
まだ1歳なのにお友達を大切に出来る小さな彼の優しさに、ほっこりしました。

投稿者 : にこにこ

この前洗濯物を干していた時に、足の小指をぶつけた私。そうです!あの地味に痛いやつです(笑)
1人で痛がっていたら、3歳の息子が来て「ママ、これはったら治るよ!」と大事にしているキュウレンジャーの絆創膏をくれました。それだけでも嬉しかったのに、その後「ママが痛い時は、れんくんがすぐ来るからね!すぐ言ってね!」と。そんなこと言われたら、ママきゅんきゅんするよ~!あなたの優しさですぐ治ったよ!ありがとう。
優しい子に育ってくれて、本当にありがとう。

投稿者 : 緒方

娘が産まれて、早いもので3年が経ちました。正直なところ、娘ができるまで子供は苦手でした。
でも、産まれてからはもう母性が溢れる溢れる。愛情も全て娘へ向かっています。
そこで、2人目をそろそろ、、と考えているのですが、経済的な問題と、1人目と同じように愛してあげられるかや、下の子が出来ることによって、上の子が寂しい思いをしないかとか、なんだか色々考えてしまい、躊躇しています。
皆さんのエピソードを読ませていただいて、また前向きになれたら良いなぁと思います。

投稿者 : 凛斗mama

生まれる前に4ヶ月間入院して、危ない状態のなか頑張ってくれて無事に生まれて、あれから1歳半。大きな病気もしないで、すくすく育ってくれてありがとう。一つ一つの成長に、mamaも一緒に成長させられています。楽しい事、辛いことがあっても、いつも凛斗の笑顔に救われてます。凛斗がママを選んでくれたこと、凛斗を無事に生むことが出来たことは、mamaにとって人生で一番幸せことだし、凛斗を生めたことに感謝してます。
これかも人から愛されるような子に育ってね。

投稿者 : ほの&こと母さん

昨年の11月5日に次女を出産。長女の時に(促進剤、会陰切開、吸引分娩と)難産だったので、今回はスルッとした出産を希望。
前回同様に運動も頑張って、体重もプラス5キロに押さえたのに、今回も前回と全く同じ難産・・。さらにプラス児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)の為、心の準備もないまた緊急帝王切開…。
しかし、二人ともわりと手がかからなくて育てやすいし、どんな産み方をしても愛情は変わりません。
3人目も頑張ります♡

投稿者 : モコモコ

20歳で結婚。年の差12歳。そして5人の子供たち。毎日が忙しくて、アッと言う間の1日。でも、どんなに辛いことがあっても疲れていても、5人の子供たちの寝顔を見ると全部忘れ「明日も頑張ろう!」というチカラが湧いてくる。子供たちの笑顔、笑い声を聞くと、幸せをすごく感じます。子供たちは、かけがえのない夫婦の宝物です。
子供たち・・ありがとう( ^ω^ )

投稿者 : りん

6月に誕生した生後二ヶ月の次男坊。どんなに泣いていても、お風呂の湯船につかればスヤスヤと眠ってしまう。そんな姿を愛しく思い、体を抱き寄せる。
聞けば、お湯の温度と妊婦さんの羊水の温度は似ていて、新生児はお腹の中の時を思い出して安心するんだとか。二ヶ月前までお腹の中にいたのに。大きくなるほど愛しさは増し、命より大事な存在になりました。
別々の「個体」になったけれど、お風呂の度に思い出す。 
いつか笑って話す日が来るだろうか。こんなにも幸せな日々を。

投稿者 : りん

6月に男の子を出産、三人の母になりました。
一人目から帝王切開。今回で三回目のため、母子ともに無事に産まれるか心配でした。三人目は妊娠中から成長が遅く、小さく産まれてきました。
後日、先生に術中のことを尋ねると、「子宮壁が薄くもう少し遅かったら破裂などして、無事産めたか分からなかった」と。
「ああ、この子は私と自分を守るために小さく産まれたんだ。なんて親孝行な子なんだろうか。」と。
今ではミルクをたくさん飲み、スクスクと育っています。

投稿者 : ミッキーだいすき

ご飯がだいすきな、子供達。今年は田植えに稲刈りの体験をしました。暑い中の稲刈りは、大変でした。でも、おじいちゃんおばあちゃんは、ものすごく頑張ってました。子供達も負けないように頑張ります。
特に、長女の美優が、一番頑張ってくれました。そのぶん、ご飯をもりもりたべます。
「おじいちゃん達のお米は、世界一美味しい」といってたべます。
これからも、美味しいお米をお願い致します。

投稿者 : M&Rママ

ウチの主人は2人の我が子にデレデレで、いつも甘やかしてばかり。しかし、本人にその自覚はないらしく、「俺は、友達パパではなく、古き良き時代の親父になる!」との事。
そんな主人に、2歳の息子が衝撃の一言。
「ママこわいもん、パパがいいー」この言葉にショックを受けたのは、私ではなく主人だった。私に真面目な顔で「どうしたら怖いって言ってもらえるの?」と聞いてきたので思わず笑ってしまった。
私は主人のそんな所に惹かれて一緒になって、ホントに良かったと思う。
そんな主人へ。「昭和のオヤジを目指すのは諦めなさい。あなたの分まで私が厳しく躾けます!」

投稿者 : 木へんのお母さん

「お母さん、私が産まれた時、どんな気持ちだった?」長女が急に尋ねてきた。
春に第4子が産まれて、3人のお姉ちゃんになった長女。4番目の出産は本人の希望もあり、しっかり立ち会ってくれた。
「わたしはね、妹の椛(もみじ)が産まれた時に胸がキューン!ってなってね。お母さんが痛そうだったねー。痛かった?また産んでね!」
いつも私を支えてくれる彼女。お母さん助かってます!
「いつもありがとう。大好きだよ!」次また産めたら頑張るよ~(笑)

トップへ戻る